読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちばんあたらしい毎日。そして日々がヒント、

糸、毛糸、絵の具など。描くアーティスト はっぴぃ。です。。 作品制作のあれこれや日常のおもいを綴ります。

Artist Statement なぜ、わたしがアートするのか。①

 

きっと。

 

気づくと絵を描いていた。

 

 

気づくと、手を動かし何かを作る。

 

 

何もないところから

新しいものを作り、それを自分の目で確かめる。

 

 

作られた何かを壊し、

新しく作り変えることが好きだ。

 

 

f:id:riepipipy:20170131203638j:plain

 

小学生の頃、

歯医者さんで、歯型の石膏のようなものに、

銀歯を調節している先生の真似がしたくて

紙粘土で歯型を作り、一人ニヤニヤして喜んだ。

 

 

 

ご近所物語』という漫画の主人公に影響されて、

ファッションデザイナーという職業に憧れた。

 

 

中学に入ってからは、

着たい洋服は、手作りして、

図書館で借りた本を見ては、

3段フリルのスカートを作った。

 

 

ギャザーを寄せるのが難しくて

そのはしくれをカーテンの飾りに変更して

新しいインテリアにした。

 

 

 

高校に入学して

選択授業で美術をとった。

 

 

 

美術の先生に、美術部に入らんかー。

と誘われていたけれど

 

 

あの、なんだかよくわからない、

肩から上だけの、

髪がくるくるの石膏西洋人を

鉛筆で書くだけなんて

想像するだけでうんざりで、

 

 

美術部には入る気にはなれなかった。

 

f:id:riepipipy:20170131203327j:plain

(ごめんね、石膏人さん。。) 

 

 美大に行くか

専門学校に行こうか

少しだけ進路に迷っていたけれど

 

 

服飾専門学校を選んだ。

 

 

 

 美大に行こうかと考えていた時期に

 

近所にただ一つだけあった、

絵画教室に通っていたことがある。

多分、半年も続かなかった。

 

 

美大を目指す他校の1個上の男の子が、

練り消し代わりの食パンを

デッサン中に時々食べているのが気持ち悪かった。

 

 

教室では 

 

鉛筆で円のデッサン、

線とカーブに描き方、、

みたいな基礎をやったと思う。

 

 超絶苦痛だった。

 

 

  

 。

 

 

わたしが体感する

今の作品制作は、

 

 

仕上がりが早く見たくて仕方ない。

 

集中して、時間も忘れてしまうフローな感覚、

疲れないカラダ。

とかとか。

 

 

 

自分で生み出したもので。

 

 

基礎も、

正しい作り方も

決まりもない。

 

 

手が止まらなくなる時間。

それ、全てがわたしのアートだ。

 

 

 

 

 

ここに言葉を綴りながら

少しづつ

過去の自分を掘り起こし

 

 

今のわたしの

Art Statementを確かなものに、

 

 

軸を曲げない作品制作と

心の中心を作って行こうと思う。

 

 

 

 

続く。