読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちばんあたらしい毎日。そして日々がヒント、

糸、毛糸、絵の具など。描くアーティスト はっぴぃ。です。。 作品制作のあれこれや日常のおもいを綴ります。

ピカソみたいに、歩きたいい。

アーティストとしての
 
2017/1/26
 
macbookを開いて
アーティスト レジデンス  検索。
 
今朝、眼が覚めていちばんにしたこと.
アーティスト レジデンス
この単語が私の頭の中に現れるまでに
ひどく時間を費やしてしまった。
 
アーティスト。 このワードは
自分を表すのに
なんとなし、そう呼ぶしか表現ないし。
 
そんな感じで、
このページも アーティスト として
作った。
 
それなりに、思いはあったのだろうけど、。
 
。。。。。
 
アーティスト。
その言葉と決意を本気にできたのは、
2017年がスターしてからだ。
 
ここまで、頭を素直にできるまでに
ひどく時間を費やしてしまった。
 
これまで、とことん
自分と向き合ってこなかったことに
それでも後悔は、一つもない。
これは、私に
絶対的に必要な時間だったから。
 
。。。
 
アーティスト レジデンス
速攻で。
Oumaさんという日本人アーティストが
無料で住めるアーティストレジデンスの記事を書いているブログにたどり着いた。
 
無料で住めるアーティストレジデンス
のことや、Oumaさんがアーティストとして活動してきた経緯など
sotrysというサイトでも
文字にして残していた。
 
私の未来を後押しする運命の出会い。
さっき、Oumaさんと少しだけメッセージをやり取りさせてもらった。
次の帰国予定は2018年の4月末らしい。
 
かっこよすぎる。
 
私がなぜ、アートを作りたいのか。
これからどんどん掘り下げていく。
 
これは、創っている時点でわかっているけれど。
きっと発表していくうちに
応えは、いくつも見つかるはずなのだ。
 
まだ何も動けていない私に、
不安と、希望とキラキラと。
アート作品制作の他にも
生きてて色々ある中に。
 
ねぇ?
今日は、すごく良い日だったと思うんだ。
 
まだ終わってないけどね。
今からポートフォリオの続きだってやるさ。
タラレバ言ってたって仕方ないじゃない?
 
 
坂口健太郎はかっこいい。
吉高由里子はすごくかわいくて、
 
2018年4月に、
きっと私は、バルセロナのアーティストレジデンスに住んでいたら
最 & 高
 
忘れんな!
私は、今日も生きている。
創ることが好きだから。
 
そして、
その作品を観て、心が癒され
感動してくれる人々が待っている。
 
そして、私もいつか
ピカソのように歩きたい。
 
ピカソのように歩きたい 
なんてフレーズを
思いつくようになるまで
まだまだ、努力が泥臭く圧倒的に
少なすぎる経験値
 
 
タラレバなんて実際にはない。
 
全て、
あの頃選んだ選択は
今日のあなたを作っていて
1秒後の選択は、今の自分が決められる。
 
 
未来が待ってるんだから
自分の足跡は、
賞賛しなくちゃ始まらない。
 
2017/1/26